前半 バンコクのインターナショナルスクール学校探しから希望校決定まで!

インターナショナルスクールの世界の国旗。 インターナショナルスクール
インターナショナルスクールの世界の国旗。

サワディーカァ!バンコクのりーです。

バンコクのインターナショナルスクールに行く!と決めたのはいいけれどインターナショナルスクールのことなんてさっぱり・・・。

何をすればいいのかしら?

  • 何から手をつければいいの??
  • 周りに相談できる友人がいない!
  • タイ語も英語もできないし・・・。

実際、私がそうでした。とても大変で不安な思いだったのを思い出します。

今回はそんな私が実際に経験した希望校探しから希望校決定するまでを「前半」記事としてまとめてみました。

ちなみに「後半」記事は入学申込から初登校までについてです。

実際に行動したこと全ての時系列表示

▼前半:下表①~⑦まで(この記事は前半です)

▶後半:下表⑧~⑭まで(後半の記事はこちらにまとめました)

順番 年月日 実際行動したこと
2014.3 バンコクに母子で行くと決めた。インター校探しを始める。
2014.3 バンコクのインター校勤務のS先生に直接メール相談をする。
2014.4 バンコクで家庭教師をされているA先生に直接メール相談をする。
2014.5 希望校1つに絞る。見学したい旨を希望校に直接メールする。
2014.5 希望校見学の日時予約をする。
2014.8 タイに飛ぶ。希望校見学実行。
2014.8 日本帰国後、希望校を決定。希望校にその旨メールする。
2014.9 「Application form」を希望校に提出する。
2014.12 「Application form」希望校から受領メールが届く。同時に「Trial day」と「Assessment」の日程を問われる。
2015.1 「Trial day」と「Assessment」の日時を決定する。
2015.3 タイに飛ぶ。「Trial day」と「Assessment」を実行。
2015.3 「Application fee」と「Enrolment fee」の請求書メールが届く。と同時に「Admission reply form」もメールで届く。
2015.4 「Application fee」と「Enrolment fee」の請求額を海外送金する。「Admission reply form」に入学したいと署名サインをする。処理後希望校にメール報告する。
2015.8 タイに飛ぶ。初登校を果たす。
空の上。

応援してくれているかのような空。

前半:インター校探しから決定まで

①インター校探しを始める。

まずどんなインター校があるのか?ですが、ネット検索である程度は日本語での情報を得ることができます。

私はこちらのサイト「バンコクのインターナショナルスクール」に出会い前進することができました。当時大変とお世話になりました。

インター校のリストや概要がまとめられていてとても分りやすいです。こちらを元にさらに頭を悩ませたといった感じです。

注意が必要なのはネット上には更新されず古い情報のまま掲載されているものも多く見られますので更新日など確認されるといいと思います。

インター校は毎年何かしら変化があります。

新しい学校が新設され数年後に移動とか、生徒増加のためハイスクールの生徒は新設された校舎へお引越し、教育費の年々増加などなど。

バンコクのインターナショナルスクール探しはBKK Kidsで!学費や概要など一目瞭然!

 

②インター校に勤務されていたS先生に直接メール相談をする。

③家庭教師をされているA先生に直接メールして相談をする。

いろいろと調べていくうちに分からないことがたくさん出てきますよね。

インター校に入学していないのにすでに大学進学の心配をしてみたり、イギリス系かアメリカ系どっちがいいのか、IBやらSATやら知らない言葉がたくさん・・・。

それらを解消させたく、バンコク在住の学校、教育関係者の方をネットで探し電話で話しをさせてもらったこともありました。

上記でご紹介した「バンコクのインターナショナルスクール」を管理されている先生にも何度もメールで助けていただきました。

 

④希望校1つに絞る。見学したい旨を希望校に直接メールする。

⑤希望校見学の日時予約をする。

こんなかんだで希望校を1つに絞ることができました。

なぜ1つに?特別な理由はありませんが、あれもこれも・・・と頭がついていかなかったというのが正直なところです(笑)。

1つに絞ることによって希望校だけのことを考えればいいという単純な理由です。

余裕のある方は4~5校くらい見学されるといいと思います。少ないより多く見ておいた方が比較できますからね。

希望校が決まれば次に見学ですね。

見学をさせてもらうための予約のメールをしました。

”貴校に興味があります。何月の何日に見学をさせていただけますでしょうか?” など英語で。

学校のサイトには必ずメールアドレスが記載されているのでメールをして進んでいきましょう。

メールの返信が遅い場合は、やんわり催促メールをしてみましょう。

何度か希望校の入学担当者の方とメールのやり取りをして「見学の予約日時」を決定しました。

 

⑥タイに飛ぶ。希望校見学実行。

⑦日本帰国後、家族会議の末見学した希望校に行くことに決定。その旨メールする。

入学担当の先生が見学対応をしてくれました。

まず学校の事務所で簡単なお互いの自己紹介や学校の説明を受けました。

その後、学校案内をしてもらい、各教室や食堂や運動場や体育館など、そして実際に生徒たちを見ることもできました。

生徒たちを見ることで学校の雰囲気が少しでも分かり、本当にインター校に入学するんだなと実感がわきます(入学は我が子ですけど・・・)。

この雰囲気を体感するのは大切かなと思います。

見学を無事終えて日本帰国後すぐに希望校に見学のお礼と、入学したいと意思表示をメールで伝えました。

前半のまとめ

2014年3月からインター校探しをスタートし、希望校を決定したのが2014年8月です。

やっと半年の月日をかけて希望校を決めることができました。

ここでいう「希望校決定」とは、自分たちだけでやっと決まったね、という状態ではなく、学校側からも ”入学OK” をもらったということです。

この半年という期間が長いのか短いのかは分かりませんが、やっと学校が決まってこれでOKだね、何がOKなのか不明ですが(笑)、安心した記憶があります。

後半 バンコクのインターナショナルスクール初登校するまでに行った書類手続きの記事はこちらです。

バンコクのインターナショナルスクール 1週間の時間割大公開!英語の授業が少ない?

バンコクのインターナショナルスクール 年間イベントや休みを公開します!

▶シリーズ【タイ移住!バンコクのインターナショナルスクール3年間で3回転校!】第1弾!から是非読んでみてください。

母子でタイの首都バンコクに移住を決心。そして移住のタイミングは?!#1
タイの首都バンコクに母子移住を決めるまでに3年。決心してから移住するまでに1年。何故バンコクなのか、なぜ1年もかかったのか?など第1弾としてまとめています。インターナショナルスクールやバンコク生活など7回シリーズでお伝えしていきます。

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

◆この記事を書いた人

バンコクで母子生活を終了して・・・
無我夢中で子育てをしてきたけれど、
そろそろ子育て終わり?

あれ?気づけば50過ぎてる!
ふと自分のこれからの人生に不安が・・・。
心にぽっかり穴があいてしまいました。

人生このままで終わりたくない~っ!!!

一年悩みたどりついた先は・・・
ネット上に仕組みを作り収入を得る方法をお伝えしています。
【期間限定プレゼント】
メルマガ登録後にプレゼントを受け取れます♪

インターナショナルスクール
親めり子
タイトルとURLをコピーしました