「AirpodsPro」は海外発送EMSでNZまで送ることができるのか?

AirpodsPro ニュージーランド
AirpodsPro

こんにちは、めりこです。

【お知らせ】

先日、下記の郵便局窓口にお勤めの方より「AirpodsPro」の発送についてご指摘をいただきました。

内容をそのまま掲載させていただきます。

結論を申しますと、発送はNGということのようです。

当時、取り扱いが多そうな郵便局に複数問合せをし、「発送は出来ません!」と説明をいただけませんでしたが・・・。しかしながら発送NGということですのでその旨お伝えさせていただきます。

しばらくはこのページは表示いたしますが、すでに不要なページとなっているものですので、のちに削除する予定でおります。ご了承くださいませ。

=====================

私は専門家ではないですが郵便局の窓口にて勤務している者です。またワイヤレスのイヤホン自体でなく充電機能のあるケースがリチウム電池単体の扱いとなります。充電が出来るモバイルバッテリーと同じ扱いです。

ワイヤレスイヤホンの充電ケースはモバイルバッテリーと同じ(リチウム電池単体)扱いになりますので、現状郵便局では船便を含めて発送が不可能です。こちら大変発火しやすいため、X線検査で見つかった場合は返送され郵送料は返金されません。万が一、航空機に搭載されても人命の危険が伴う墜落事故の可能性となりえます。

アップルや郵便局のHPに上記解説がないうえ対応する社員に知識の偏りがあるため、誤解されるのも当然かと思います。

誤解のないように郵便局の方や郵便局のホームページには明確に説明いただきたいものですね。

=====================

 

ニュージーランドに高校留学をしている我が子。

「イヤフォンが壊れた~!」と連絡がありました。

遠く離れた我が子から壊れた~と言われれば親として、じっとしていられません(笑)。

今回は「AirPodsPro」を郵便局のEMSでニュージーランドへ海外発送できるかどうか についてまとめました。

まずAirPodsProとは何?

「AirpodsPro(エアポッズプロ)」とは アップル社が作っている ワイヤレスイヤホン のことです。

 

この箱の中に、

  • 左右のイヤホン本体。
  • 充電ケース。
  • ケーブル。
  • イヤーチップ(イヤホンにはめ込むカバー)

が入っています。

 

「さっそく郵便局のEMSで海外発送しよう!」

普通に考えれば、箱を梱包して発送するだけです。

でも・・・

「AirpodsProって電池が入っていたよね?」

「電池っで ”航空危険物” じゃなかったっけ?」

もし航空危険物だったらEMSで海外発送できないの?

AirpodsProって電池は入ってる?

「AirPodsPro」 には 電池が内蔵されています

・「左右イヤホン」 に 単電池のボタン電池 が各1個。合計2個。

・「充電ケース」 に 組電池が1個。

合わせてリチウムイオン電池が合計3個。

EMSで海外発送できるのかな??

郵便局のサイト

郵便局のサイトに「国際郵便として送れないもの」が説明されています。

航空危険物-1

「国際郵便として送れないもの」は、つまり「航空危険物」のことをさしています。

航空危険物の品目や説明は下記リンクから見ることができます。

郵便局公式サイト:国際郵便として送れないもの
国際郵便として 送れないものリスト や、リチウム電池 についての説明はこちらのリンクから見ることができます。
郵便局公式サイト:万国郵便条約に基づく禁制品
万国共通して送れないものリスト はこちらのリンクから。

 

航空危険物-2

「航空危険物」の主な品目例(下図)を見ると、9番「その他の有害物件」に リチウム電池 と記載されています。

 

リチウム電池は発送できない?

リチウム電池は航空危険物ということが分りました。

え?ということは海外発送できないの?

リチウム電池は航空危険物ですが、下記の条件をクリアすれば発送はできるようです。

*下記条件の回答は下方に書いています。

1、リチウム電池が機器に取り付け又は内蔵されていますか?
2、リチウム電池は数量制限の範囲内ですか?
3、リチウムの内容量又はワット時定格値等の条件を満たしていますか?
4、送付先の国・地域はリチウム電池の輸入を制限していませんか?

リチウム電池の郵送条件は下のリンクから見ることができます。
郵便局公式サイト:リチウム電池

アップル社に電話をしました。

とにかく電池の情報がないと発送できる条件をクリアしているかどうか分かりません。

ということで、アップルサポートに電話をしてみました。

4~5回電話をして分かったことなど書きとめておきます。

 

Q1、「イヤホン本体」 と 「充電ケース」 に内蔵されているのは、リチウム金属電池か?それともリチウムイオン電池か?

➜  ” アップル製品は リチウムイオン電池 を使用しています ”  HPにも記載されていますとのこと。

 

Q2、リチウム電池の内容量やワット時の値は?

➜ (1人目の担当者)”内容量は公表していません”とのこと。

➜ (違う日の担当者)やはり”公表していません”との回答。

” 教えていただけないと、郵便局で発送できる基準をクリアしてるか分からずどうしようもなく困る ” と伝えました。

 

質問内容を変えてみました。

 

Q3、「充電ケース」 に内蔵されている電池は100WH以下かどうか?

➜  ” 充電時間と消費電力から算出して最大で〇〇Wです ” と、回答をいただけました。

「〇〇WH」 公表されていないということなのであえて数字は書きませんが、はるかに郵便局の基準数値を下回っていました

*この100WH(1時間のワット数)とは、リチウム電池の国際郵便で送付可能な基準値です。

下のリンクから見ることができます。
郵便局公式サイト:リチウム電池

 

▶アップルサポートの電話番号 :0120-277-535
自動案内後、担当者につながります。対応はとても丁寧でした。

4つの条件クリアか?

結論から言うと、4つの条件はクリアです。
「AirpodsPro」 は航空危険物扱いにはならない

ということが分かります。

 

4つの条件を見てみましょう。

1、リチウム電池が機器に取り付け又は内蔵されていますか?

➜内蔵されている。クリア。

 

2、リチウム電池は数量制限の範囲内ですか?

➜数量は制限内。クリア。

イヤホン本体に内蔵されている ボタン電池は規制の対象外 のようなのでカウントしなくても大丈夫のようです。

となると、「充電ケース」 に内蔵されている組電池だけのカウントだけとなります。組電池は2個まで発送OKです。

「充電ケース」はリチウムイオン電池の 組電池1となるので数はOK。クリア。

ボタン電池は規制の対象なのかどうか について以下確認しました。
・異なる郵便局3か所で電話して確認。”対象外です” との回答。
・郵便局サイト上でボタン電池は ”航空危険物に該当しない” と書かれています。
つまりカウント対象外、航空危険物対象外ということのようです。

 

3、リチウム電池の内容量又はワット時定格値等の条件を満たしていますか?

➜条件を満たしている。クリア。

「充電ケース」 の電池がクリアかどうかですが、100WHは遥かに下回る数字 なのでクリアです。

 

*下表は国際郵便で送付可能なリチウム電池の基準値です。

 

4、送付先の国・地域はリチウム電池の輸入を制限していませんか?

ニュージーランドは制限していないので発送できます。

 

(ご参考)リチウム電池の輸入を制限している主な国。ドイツ、イタリア、フランス、サウジアラビア・・・など。ドイツなどにはAirpodsProは送れないようです。

 

りーのまとめ

「AirpodsPro」をニュージーランドにEMSで海外発送できるのかどうか?についてまとめてみました。

今回、航空危険物扱いではない=発送できる、ということが分かりました。

【ご報告】

  • 2020年8月1日:「AirpodsPro」を日本からニュージーランドへ発送。
  • 2020年8月26日:ニュージーランドの我が子に無事お届け完了です。

 

他のNZ関連記事も是非ご覧ください。

> 【NZへEMS発送完了】AirpodsProの梱包、書類の書き方

> 郵便局の海外発送【EMSがベスト!】日本➜NZ発送までの手順詳しく説明。

【簡単楽しい!】NZ郵便局ページでEMS荷物を追跡してみよう!

> コロナでも【DHLエクスプレスイージー】で娘に誕生日カードを届けられました!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

◆この記事を書いた人

バンコクで母子生活を終了して・・・
無我夢中で子育てをしてきたけれど、
そろそろ子育て終わり?

あれ?気づけば50過ぎてる!
ふと自分のこれからの人生に不安が・・・。
心にぽっかり穴があいてしまいました。

人生このままで終わりたくない~っ!!!

一年悩みたどりついた先は・・・
ネット上に仕組みを作り収入を得る方法をお伝えしています。
【期間限定プレゼント】
メルマガ登録後にプレゼントを受け取れます♪

ニュージーランド
親めり子
タイトルとURLをコピーしました