エムクオーティエの駐車場、最初の2時間は無料。料金やサービス詳細あり!

エムクオーティエの食品階。 車や駐車場
エムクオーティエ(EmQuatier)。

サワディーカァ!バンコクのりーです。

バンコクで、車を運転していると駐車場どこにしよう?どこにあるのかな?と迷われる方も多いと思います。

てっとり早く街中にある「EmQuartier(エムクオーティエ)」の駐車場を利用してみるのはいかがでしょうか?

実際に私が利用している「EmQuartier(エムクオーティエ)」の駐車場についてまとめてみました

今回の記事は、地下駐車場情報が多めの記事になっています。

まずエムクオーティエ(EmQuatier)の場所はどこ?

まず、タイのバンコクです笑。

BTS(高架鉄道)のプロンポン駅に直結しているデパートです。

 

▶ エムクオーティエ内の 銀行一覧 についてはこちらからどうぞ。

バンコクで銀行に行くならエムクオーティエへGO!主要銀行一覧をまとめました。
タイの首都バンコクの高級デパート「エムクオーティエ」内には主要銀行が入っています。それぞれの銀行の出入口の写真や営業日、営業時間、電話番号、ホームページなどを一覧にしています。

駐車場入口

入口

下記写真のように 右と左どちらの車線からでも入れます。

少し進むとパーキングカードの青い機械が見えてきます。

駐車場入り口。

エムクオーティエ駐車場入り口。

 

また、入口で各階の駐車状況が確認できます。

エムクオーティエの駐車場入り口。

各階の駐車残数が表示されています。

 

パーキングカードの機械

写真下の 緑のボタンを押す と、パーキングカードが出てきますので引き抜きましょう。

パーキングカードを引き抜くと前方のバーが上がり進むことができます。

パーキングカードの機械。

青いパーキングカードの機械。

 

パーキングカードを引き抜いた後に、下記のような案内の看板がありますがデパートのお客様向けではないので無視しましょう。

駐車場入口の看板。

お客様向けの看板ではありません。

地下の駐車場エリア

上階駐車場を利用したい場合は、左側の坂を前進します。

地下駐車場は、右側の坂を下っていきます。この記事は地下駐車場をメインに説明しています。

地下1階(BM階)

パーキングカードを引き抜いて右側の坂を下っていきます。地下駐車場は2階まであります。

エムクオーティエの駐車場。

上階は左へ。地下は右へ。食品階に直接行く場合は右から地下へ。

 

薄暗く天井が低めです。バンコクでは一般的な駐車場の雰囲気です。

今回、上階の駐車場はご紹介していませんが外の景色が見れるので明るく解放感があります。

地下駐車場。

地下1階です。

 

食品売り場へ

食品階に直行する場合は 地下1階が便利 です。

写真 ↓ のような長いエレベーターにのって食品階に行くことができます。買い物後、カートをエレベーターに乗せられるので重たいものを買う時には迷わず地下駐車場を利用しましょう。

エムクオーティエのエレベーター。。

地下1階からこの長いエレベーターで食品階に辿りつきます。

エムクオーティエのgourmet market

『Gourmet Market』食品売り場です。クリスマスシーズンの飾りはきれい!

 

60分以内パーキングエリア

地下1階です。60分以内の駐車なら止めていいですよ!エリアがあります。もちろん、このエリア以外に普通の駐車スペースもあります。

ローラー付き看板があるエリアがそうです。

時間限定の駐車場。

60分以内の駐車ならここが便利です。

  • 誰でも利用できます。
  • 60分以内なら無料。30分超過毎に20バーツ。
  • 専属スタッフが辺りにいると思うので、一言声をかければどかしてくれます。

 

VALETパーキングエリア

地下1階です。地下1階に下りるとすぐに 「VALET PARKING」と看板がある ので目にとまると思います。

こちらのサービスを知ったときには感動したものです。誰でも利用できます。

無料で専用スタッフが車を止めてくれるサービスです。通常の駐車料金は発生しますのでお間違いなく。

利用手順ですが、

  • 「VALET PARKING」の看板あたりで車を止めます。キーはつけたままで大丈夫です。
  • 専属スタッフが ”車を預かりました” 的な自分のナンバーが書かれた紙をくれます。それを受け取ります。
  • 買い物から戻ってきたら、その紙を専属スタッフに渡します。
  • すぐとなりに待合いラウンジがあるので待機します。
  • 数分待つと車をラウンジ前に横づけしてくれます。
  • 買い物荷物なども車に入れてくれます。これで帰ってOK!です。

笑顔で ”コップンカァ!” とチップを渡しましょう。

何度も繰り返しますが サービスは無料ですが、駐車料金はかかります

駐車するのが苦手だわ!駐車スペースが見つからないわ!など誰でも利用できるので使ってみてはいかがでしょうか?

VALTE駐車場。

看板の前あたりで駐車すれば、専属スタッフが対応してくれます。

エムクオーティエ駐車場。

数分車を待ってるだけのラウンジです。なんと贅沢な空間。

エムクオーティエ駐車場。

ラウンジにはテレビや無料のお水サービスがあります。

 

地下2階(B階)

フードコート、レストランへ

さらにもう1階地下があります。地下2階です。

フードコート(レストランエリア)が目の前です。食事をする目的の場合はここが便利ですね。

エムクオーティエ。

地下2階はフードコートに直行できます。

 

小さなお子様、赤ちゃんの家族専用

地下2階には小さなお子様や赤ちゃんのいる家族専用駐車エリアもあります。目の前がすぐエレベーターなので便利です。

エムクオーティエ駐車場。

子どもに優しい国ですね!

身体障害者用パーキングエリア

こちらは地下ではなく店内入口目の前になります。

入口から入って(パーキングカードを取って)左車線(上階への駐車場)ではなく、右車線から進むとすぐ目の前にエリアがあります。

このように何台かの広いスペースも確保されています。店内(食品階)へ、すぐ目の前から入れます。

身体障害者用の駐車場。

身体障害者用の駐車場です。目の前は食品売り場です。

駐車料金

お買い物をしない場合

  • 最初の2時間は無料。その後1時間ごとに20バーツ追加。
    30分超過で1時間とみなされるので注意!
  • 6時間超過すると、1時間ごとに50バーツ追加。
  • am2時~am6時の間駐車で500バーツ。am6時を超過すると1時間ごとに70バーツ追加。

お買い物をした場合

  • 500バーツの買い物:4時間無料。
  • 3,000バーツの買い物:6時間無料。
  • 5,000バーツの買い物:8時間無料。
駐車場料金表。

駐車料金の説明が書いてあります。

パーキングスタンプカウンター

店内にパーキングスタンプカウンターはいくつかあると思います。ここでは2か所をご紹介しています。

1つ目:食品階(Gourmet Market):G階。

Harrodsのカフェ の前の通路を歩いて リトルマーメイドのパン屋さん を超えると左手にあります。

Harrodsカフェ。

Harrodsカフェ前には大きなクマが立っていますよ!

買い物をした場合は、パーキングカードとレシートを一緒にスタッフに渡しましょう

パーキングカードの処理をしてくれ、何時間フリー!と教えてくれます。

最終的には 駐車場建物の外に精算エリア(精算スタッフがいます)がある のでそこでパーキングカードを渡して精算となります。(下記詳細あり)

スタンプカウンター。

スタンプカードのカウンターです。食品階。G階です。

 

2つ目:M階。食品階からエレベーターを上って目の前です。

スタンプカウンター。

スタンプカードのカウンターです。M階です。

他にもいくつかあると思います・・・。

精算

駐車場から出る場合ですが 「EXIT」看板を見て進みましょう。

駐車場建物から外に出ると、Soi35方面(左へ)と、スクンビット方面(右へ)に分かれます。(下記詳細あり)

駐車場建物から出てくると、目の前に看板がたっています。

Soi35方面スクンビット方面、各方面に進むと精算エリア(2つの小さな小屋?に常時スタッフがいます)があり、そこで パーキングカードを差し出して精算することになります。

パーキングカードは事前にすぐに出せるよう準備しておきましょう!

■以前こんなことがありました!

車の中で精算出来るのは便利ですが、たまに 精算渋滞 する時もあります・・・。よく観察しているとパーキングカードが見当たらない、ってやつですね。運転手がごそごそカードを探している感じです。結局ずっと見つからず(その間じっと後ろで待機です)。

その場合、せっかく精算のために並んでいたレーンは使用禁止となり、違う側のレーンに移動して精算となったりします・・・。精算渋滞してる場合、違うレーンに移動するのは汗だくものです。

下記写真は精算所になります。

駐車場精算場所です。右と左の2か所ありますが、どちらでも精算できます。

まとめ

上記で説明しました出口の Soi35方面、スクンビット方面 とのおおざっぱな説明になりますが、

Soi35方面はエムクオーティエの裏側(北側)の道路に出ます。Soi39、Soi33、アソーク方面に行きたい方はこちらから出るといいでしょう。

スクンビット方面はその文字の通り、スクンビット通りに出ます。奇数側(奇数Soi)、Soi39、Soi55(トンロー)、Soi63(エカマイ)方面 に行きたい方はこちらから出るといいでしょう。

エムクオーティエで買い物する時はもちろんですが、他の場所で用事を済ませたい時にも良く利用しています。

バンコクの街中は駐車場が少ないので車を運転される方は知っておくと便利かもしれません。

 

2011年のバンコク プロンポン駅に高級デパートが出来るまでの写真公開!!
タイのバンコクの昔の写真です。場所はBTSプロンポン駅前の2011~2013年の工事現場の写真です。この写真は一体何の写真でしょうか?
バンコクで銀行に行くならエムクオーティエへGO!主要銀行一覧をまとめました。
タイの首都バンコクの高級デパート「エムクオーティエ」内には主要銀行が入っています。それぞれの銀行の出入口の写真や営業日、営業時間、電話番号、ホームページなどを一覧にしています。

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

◆この記事を書いた人

バンコクで母子生活を終了して・・・
無我夢中で子育てをしてきたけれど、
そろそろ子育て終わり?

あれ?気づけば50過ぎてる!
ふと自分のこれからの人生に不安が・・・。
心にぽっかり穴があいてしまいました。

人生このままで終わりたくない~っ!!!

一年悩みたどりついた先は・・・
ネット上に仕組みを作り収入を得る方法をお伝えしています。
【期間限定プレゼント】
メルマガ登録後にプレゼントを受け取れます♪

車や駐車場
親めり子
タイトルとURLをコピーしました