【NZ高校留学】コロナ後のお小遣い。娯楽費にいくらかかった?

NZ留学

こんにちは、りーです!

【 現役女子高生のニュージーランド留学! 】
2019年夏からニュージーランド高校留学開始。2020年からYear12(高校2年生)。現役女子高生が現地でどんな生活を送っているの? 学校勉強NCEA様々な活動ホームステイ遊びやお金 のことなどをお伝えしています。

今回は趣旨を変えてお伝えしてみようと思います。
現在、ニュージーランドはロックダウン解除となって実質コロナ前の生活に戻ることができるようになりました。
と同時に、長かった StayHome から解放された我が子が、学校が再開された1か月間でお小遣いを何に使ったのか? コロナ後の反動はみられたかどうか? などまとめてみることにしました。

 学校再開後の1か月

学校が再開され通学出来るようになったのは5月18日。

学校にも通学出来るようになったということは、当然お友達にも直接会えるようになり、生活規制が緩やかになったということはお友達と街に出かけるということになりますね。

長くつらかったであろう StayHome をよく乗り切りました。

ということでコロナ後の5月18日からの1か月のお金の使い方をみてみました。

 

我が子のお金の支払いは、現地 ANZ銀行 で我が子名義で口座を開設しています。

そのキャッシュカード(EFTPOS(エフトポス)という仕組み)で支払っています。

▶EFTPOS(エフトポス)とは?

クレジットカードとは違い、自分の銀行口座からキャッシュカードを使って支払うことができる仕組みのこと。

いつ、どこで、いくら カードを使ったか ANZ銀行のオンラインで見ることが出来ます。

管理するのに便利!

 

こちらに留学1か月目のお金の管理やお小遣いについてまとめています。

高校生のニュージーランド留学1か月目。何にいくらかかった?カフェ代は?

1か月で使った大まかな分類

  • カフェや食事
  • 洋服
  • スーパー
  • スマホその他
  • 娯楽施設

留学生の我が子がお金を使うものといったらこんな感じです。

前回とほとんど変わりません。

*「スマホその他」の中には水泳や学校への行事などの支払いなどが含まれています。

毎日の食事(朝、昼、晩)などはホームステイ代としてお支払いしてるし、学校と自宅の送迎などもホストファミリーがやって下さっています。

基本は何も困らず生活できる状況ではあります・・・。

では、実際気になる消費額をみていきましょう!

コロナ後の反動はどうか?

比較がないと分かりずらいと思ったので、今回、ニュージーランド 留学1か月目留学6か月目、そして コロナ後の1か月間 の消費を表にしてみました。

*為替2020年6月 1NZ$(ニュージーランドドル)= 約69円。

単位はNZ$ 留学1か月目 留学6か月目 コロナ後1か月
カフェ&食事 351 141 340
洋服 101 35 62
スーパー 250 21 66
スマホ&他 76 45
娯楽 144 23 555

 

カフェ&食事

コロナ後の反動はあったと思います。

留学当初は新しい環境で新しいお友達と仲良くなるために、カフェや食事に行ったりする機会は当然多くなって当たり前です。

6ヶ月後を見るとかなり落ち着いてきています。

しかしコロナ後はお友達との再会に喜びカフェ代がかさんだと思います。

 

洋服

コロナ後の反動は少しはあったと思います。

ちょうど季節も冬に変わりつつ、自由に外出ができることなどが重なりおしゃれしたい気持ちが数字に表れていると思います。

 

スーパー

コロナ後の反動は少しはあったと思います。

やはり StayHome 中に日用品の在庫を切らしたり、欲しくなったものなどあってコロナ後に購入したのかなと思います。

 

スマホ&その他

特にコロナ後の反動はないと思います。

 

娯楽

コロナ後の反動はスーパー激しくありました。

何にこんなにも使ったのか?

まず、スケートボードが欲しいと StayHome 中からずっと話していました。自由になった今速効で買いに行ったと思います。

それから、我が子の留学先には有名なテーマパーク(アクティビティ&アトラクション)があり唯一の体を動かす遊び場となっています。

毎回チケット購入より年間パスを買った方がお得のようで購入したらしいのです。

りーのまとめ

今回、ニュージーランド留学中の我が子が、コロナ後にお金の使い方が変わったか、また何に使ったのか?そしてコロナ後の反動はみられたか どうかについてまとめてみました。

しかし「娯楽」での消費額はとんでもない!!ことになっています。

こんなところにコロナ後の反動がドドン!ときたのね、と納得したようなできないような、親としてはかなり複雑な結果となりました。

でも、ちょっとかわいいのは、それぞれ購入する前に、こういう理由で買うね!と事前連絡があったということです。

ほとんど連絡くれない我が子が連絡してくるなんて・・・健気(けなげ)。相当なコロナストレスがあったのかなと想像しています。

ということで、コロナ後の反動は今後収って(おさまって)くれることを心から願って終わりにしたいと思います。

 

NZ留学の他の記事も是非ご覧ください。

【実例解説】ニュージーランド教育制度NCEA単位はどうやって取得するの?

【ニュージーランド高校留学】NCEAで好き・興味のある科目を勉強しよう!

【NZ高校留学】コロナ後の学校再開、オンラインシステム、NCEA単位など。

郵便局の海外発送【EMSがベスト!】日本➜NZ発送までの手順詳しく説明。

コロナでも【DHLエクスプレスイージー】で娘に誕生日カードを届けられました!

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

◆この記事を書いた人

バンコクで母子生活を終了して・・・
無我夢中で子育てをしてきたけれど、
そろそろ子育て終わり?

あれ?気づけば50過ぎてる!
ふと自分のこれからの人生に不安が・・・。
心にぽっかり穴があいてしまいました。

人生このままで終わりたくない~っ!!!

一年悩みたどりついた先は・・・
ネット上に仕組みを作り収入を得る方法をお伝えしています。
【期間限定プレゼント中♪】
メルマガ登録後にプレゼントを受け取れます^^

NZ留学
親めり子
タイトルとURLをコピーしました